賃貸の退去時に行う原状回復とその負担について

賃貸の退去時に行う原状回復とその負担について

賃貸マンションのプライバシーを確保した設備や間取りとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸マンションで快適に暮らすにはプライバシー確保も重要です。なんの気兼ねもなくリラックスして暮らしたい、プライバシーを大切にしたいと考えている人は物件を選ぶ場合には住戸の間取りや設計に関しても、プライバシーに配慮したものを選ぶ必要があります。玄関ドアと廊下の位置関係がドアの向きが廊下に対してストレートになっているタイプはドアを開閉で通路から奥の部屋が見えたりします。又、間取りがクランクタイプだと、玄関先にいる来客の目線を壁で遮ることができるので、プライバシーの確保に役立ちます。また、玄関から見える廊下を通らずに、寝室からリビングに通り抜けできる間取りだったら、パジャマ姿で会うという心配もなくなります。

賃貸マンションの共用廊下に面した部屋に窓があると、行き来する人に覗かれてしまう気がして窓を開けられないとなると通風の問題もでてきます。廊下に面した窓や窓ガラスにもプライバシーに配慮したものがあり、窓にルーバー面格子があれば、ルーパーの角度を変えることで外部の視線を遮ることができ同時に、採光や通風も確保できます。窓ガラスがすりガラスになっていれば、外部からの視線も遮ることはできますが、外の景色が望めないデメリットもあります。