賃貸の退去時に行う原状回復とその負担について

賃貸の退去時に行う原状回復とその負担について

賃貸物件の家賃の値上げについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅では、2年から3年毎に契約の更新があります。その時に家賃が値上げされることが多いですが、家賃の値上げで貸主と揉めたりする人もいるようです。貸主が家賃の値上げをすると言えば、借主は必ずその要求に従わないといけないと思いがちですが、そんなことはありません。家賃の交渉権を借主は持っています。ある程度の値上げは仕方ないですが、物価や地下の上昇を大きく上回る値上げは認められていません。家賃の値上げは基本的に、まわりの物件の家賃相場を見て決めますが、まわりの物件の家賃が下がっているのに家賃が値上げされるようならば、値上げの根拠を貸主に聞いてみることです。

どうしても家賃の値上げが納得いかないなら、交渉をしてみることですが、直接貸主と話し合うと双方が感情的になってしまうこともあり得ます。良い方法として挙げられるのが、不動産業者を通しての交渉です。折り合いがつかなければ、値上げされた家賃を払って住み続けるか、他の物件に住み替えるかになってきます。交渉が決裂した場合、そこに住み続けるのは少し気を使うかもしれないので、思い切って引越しをするのも一つの方法です。今なら敷金も礼金も要らない物件はたくさんあります。