賃貸の退去時に行う原状回復とその負担について

賃貸の退去時に行う原状回復とその負担について

賃貸物件でチェックする所

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が初めて部屋を借りて一人暮らしをしたのは高校卒業したての18歳の頃でした。選ぶ時は好き勝手条件を並べて、本当にいい所を選びました。ですが住み始めてみると、妥協した所が気になったり、気にしていなかった所がすごく不便だったりと気付き始めました。

ですが住めば都という諺があるくらいで、不便な所は自分で工夫して過ごしていました。1階でしたので洗濯物はもちろん部屋干し、窓は閉めっぱなしでした。その点はやはり2階以上の方が、女性は特に安心出来るかなと思います。

洗面台はなかったのですが、やはり欲しかったですね。忙しい朝に一ヶ所で全て済ませられるというのは、実家がそうだったので魅力的に思いました。あと収納スペースは扉が付いていて、ハンガーが掛けられるタイプの物が付いていた方が良いですね。友達などが来てたこ焼きパーティするとなったら、部屋にそのまま掛けているコートなどは次の日着られたものじゃありません。最後に台所の収納も大事です。油が跳ねたりホコリが付いたりなど、収納しなかった調理小物達が汚れていく姿を誰もが経験していると思います。なので調理小物が全て収納出来るだけのスペースがあるか、地震も怖いので洗い上げた物を安全に乾かして置くスペースが十分にあるか、注意が必要です。部屋の広さなどは気にならないですね。ソファーを置いたとしても、日本人はほとんど使わないので買わない方がいいですしね(笑)なので女性が賃貸物件を探す時は、何階の方角が何向きか、水回り、収納、台所の収納スペース、これだけ最低限注意して見れば後は自分なりに工夫できるのではないでしょうか。