賃貸の退去時に行う原状回復とその負担について

賃貸の退去時に行う原状回復とその負担について

賃貸物件を選ぶ時のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件を契約する前に見学をすると思いますが、その時にチェックしておきたいポイントがあります。先ずは、物件情報にはエアコン付きとなっていても、全部の部屋にあるかどうかは分からないです。一般的には1部屋に付いている事が多いのではないかと思います。他の部屋は自分で付ける様な形になります。その際クーラースリーブ〈空調機のホースを通す穴〉があるのかどうか見ておきましょう。また無い場合には穴をあけてもいいかと言う事を確認した方が良いでしょう。尚、エアコンがついてない物件で付けて欲しいと言ったら、大家さんが設置してくれたなんて事もあるみたいなので、一度交渉してみましょう。

次にキッチンですが、単身用賃貸と言えば電気コンロの付いたミニキッチンやガスキッチンが主流でしたが、近年ではIHクッキングヒーター付きの物件も増えています。IHクッキングヒーターは安全だし、掃除が楽という点から注目されている様です。また、ガスキッチンの人気もいまだ根強い様です。料理好きな人は2口コンロが使えるキッチンかどうかも確認すると良いでしょう。また、ファミリー用賃貸では最近は新しい広い間取りになるとシステムキッチンが備えついている物件もあります。キッチン回りが使いやすいメリットと、見た目がすっきりしている感覚がなかなか良い感じです。

最後にお風呂ですが、単身者用賃貸にはあまり無いですが、ファミリー向け賃貸には追炊き機能が付いている所があります。これは夜遅くにお風呂に入る時などに中々便利な機能です。しかし、沸かし直しが、すぐ出来ると言って、一日に何回も沸かし直すと実際は給湯器でお湯を出すガス代よりも、追炊き機能を使ったガス代の方がかかってしまうケースがあるので、もし使用する時には必要最低限にしましょう。