賃貸の退去時に行う原状回復とその負担について

賃貸の退去時に行う原状回復とその負担について

賃貸物件選びで重視したい部屋の向き

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸の物件を探すとき、いくつか重視したいポイントがあるでしょう。初めてお部屋を借りる時、立地や設備といった利便性を重視したいと思うでしょう。しかし忘れてならないのは部屋の向きです。部屋の向きについては、住んでみてから失敗だったと気づくこともあるでしょう。そうならないように、物件がどちらの方角を向いているのか確認しておかなくてはいけません。

西向きの部屋だと、真夏は西日が部屋に差し込んでくるかもしれません。お仕事で帰宅が遅い方ならあまり気にならないかもしれませんが、大学生の一人暮らしのように夕方には学校が終わって帰宅するしていることが多いと、西日が気になるでしょう。日中も部屋で過ごすことが多い方の場合、西向きは気を付けた方がよいかもしれません。一番人気が高いのは南向きです。南向きの部屋は、日当たりが良く、洗濯物も乾きやすいです。お布団も干しやすいでしょう。また東向きだと、朝は朝日で明るく爽やかに朝を迎えることができるでしょう。しかし午後からは日当たりが悪くなってきます。冬場は洗濯物が乾きにくいかもしれません。このように部屋の向きによって、日当たりが違いますので、ライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。