賃貸の退去時に行う原状回復とその負担について

賃貸の退去時に行う原状回復とその負担について

廊下をくつろげる場所として見られる賃貸

このエントリーをはてなブックマークに追加

廊下を広く作っている賃貸を見かけた方の中には、こんなに廊下が広いとスペースが無駄だというイメージを持たれる場合もあります。そういうイメージを持つ理由としては、廊下に物を置いておくという考え方が思い浮かぶ方が少ない為ではないでしょうか。例え廊下であっても物を置けるスペースとして使っていけると、一目で分からせてくれる物件も増えていますから、そういう物件のデザインを調べてみてください。廊下に美しい日差しを射し込ませる窓が用意されている物件などは、その廊下にチェアーを置いてくつろげる空間として一目で理解出来るはずです。空気の流れが悪くてジメジメとしている場所という、廊下に対するイメージを持っている方も、窓のデザイン一つでイメージを変えられます。

横長窓を廊下に取り付けてくれている物件は、廊下の隅々まで明るさを感じられる様になっているのが有り難いです。廊下の端部分に仕切りを取り付ける事によって、小さな部屋として扱える様にしてくれている物件まであります。賃貸の廊下に対する扱いも日々変わってきていると考えて、廊下が広く作られている物件の価値を考え直してみましょう。時間帯に合わせてくつろぐ場所を変えるという、住宅の良さに飽きずにいられる生活スタイルを目指してみてください。